野草を食べる際の注意点を紹介します。

これから貴方に野草を食べる注意点を紹介します。

ハクアージュの最安通販サイトは?

ヨモギは、若芽がトリカブトの若芽と酷似しているので、注意が必要です。

ヨモギのてんぷらは美味しいですが、ヨモギを揚げた油に臭いが移るので注意が必要です。

また、ヨモギの和え物はあく抜きをすると臭味がとれます。

どくだみは、独特のにおいのために、敬遠されがちであり、大昔から葉の生のまま虫刺されやオデキ、切り傷、水虫の薬として使われてきました。

ヨモギを煎じるとむくみとりや血圧にきく十薬として利用されており、4~6月ころに葉がまだ開ききらない若芽や白く柔らかい地下茎を掘り出し切り取ります。

どくだみの料理方法は、あまから煮などがオススメです。

こちらも和え物にするときには、臭いがきついのでゆがいた後によく水にさらしてから調理します。地下茎は年中利用できますが、できるだけ白く柔らかいものを選ぶものをお勧めします。

タンポポは、そのままの状態だと苦みがあるので、茹でてからよく水にさらして食べましょう。

野草を食べる際は、臭いが強烈なのでまずはお湯でしっかりと湯がくことで、天然毒素を取り除く効果が期待できます。これは食べても大丈夫と油断せずに、きちんと確認してから食べるようにしましょう。

鏡の中にいる自分の現実にため息の日々

30代後半、主婦です。シロジャムを購入

昔は肌の悩みなど感じたことはありませんでした。唯一脂っぽくなるのが悩みで、よくあぶらとりフィルムを使っていたのを覚えています。

30歳を過ぎた辺りから少しずつ変化を感じるようになってきました。最初はシミです。あれ?こんな所にほくろあったかな?と思うことが多くなり、手や首にも増えたので、シミだということに気付きました。

次はしわです。アイラインを引いたときに、目じりのしわでラインがうまく引けなくなりました。夕方鏡を見てファンデーションがよれて、ほうれい線が表れていた時は本当にショックでした。

後は乾燥です。元々脂性肌だったこともあり、さっぱり系の基礎化粧品をずっと使ってきましたが、冬になると粉がふき、鼻の頭や眉間の皮がべろべろにむけるようになりました。あれだけ夜更かししても何をしても平気だった肌が一気に崩れ始めたのです。肌のはりもなくなり、以前よりたれ目になった気もします。

急に来た老いに焦りを感じ、今色々な基礎化粧品や化粧品を試しているところです。今はしっかり保湿してくれるタイプのしっとり系基礎化粧品に変え、少し改善されたような気がします。今までさぼっていた分、これからは自分の為に少しずつ手をかけていこうと思います。