地獄の足クサからの解放

私は先天的な足クサで、これはわが父(多分それ以前)からの由緒正しき遺伝によるものである。学生時代はそうは言っても、ズックや草履や下駄などを履いていたので、足クサで他人に迷惑をかけることはさほどなかった。

プルーストクリームの効き目!

困ったのは社会人になってからである。ビジネスソックスを履いて革靴を履くということで、一年中足クサは大変なことになってしまった。夏とかだけではなく、オ-ルシーズンである。特に困ったのは宴席、飲み会などで座敷に上がったりするとき。何とか誤魔化そうと上着を脱いで足の上に被せることもしたが、足のにおいはどんどん染み出した。事前にわかっていれば予備の靴下を直前に履き替える等委涙ぐましい努力もしたが、それでも私の足クサは周囲の人の知るところとなっていった。もちろん誰ひとり直接そのことを言う人はいなかったが…。

「通勤快足」などを履いてもみたが、効果は2日と持たなかった。私は転勤族だったので、新しい職場での歓迎会や送別会は結構やってもらった。送別会の時の品はたいてい靴下だった。情けなくもあるが、みんなの優しさや思いやりが嬉しくもあった。そんな私が、ある時救世主に巡り合った。それは、「綿100%」の靴下。恐ろしいほどの効果であった。私と同じ悩みを持つ人には是非とも試していただきたい。

足クサ用のクリームなどもあるが、綿100%の靴下はそんな面倒くさいものからも解放されるはず。今では「宴席恐れるに足らず」である。「いつでもどんと来い!」である。デザイン的にはバリュエーションが乏しいため、敬遠する向きもあるとは思うが、それ以上の効能はある。是非ともお試しあれ。ただし、オール綿などと言いながら縫合の糸に合繊を使っているものはダメ。足クサになるので注意してください。