ゴルゴ・ホウレイ戦線 毛穴へ落ちる

現在アラフォーです。
オーバー40です。
ファンデーションを落とさずうっかり寝てしまえていた20代前半の頃が懐かく思います。
そして、なんでそのまま寝られたのか今では恐怖を覚えます。
若い頃は毛穴とは無縁いくらチョコレートを食べようともニキビもできず、
どんな角度から写真を撮ってもツルっなめらかなお肌でした。

http://walatrasehatalami.com/

いつのころだったよく覚えていませんが、30代後半でしょうか。
夜景越しのガラスに映った自分の顔の不穏な影を見つけてしまい
これは本当に自分なのかと、大変驚いたことがあります。
これが、肌の老化への戦い初期だったと記憶しています。
これを境に、若い頃日焼け止めを塗らず過ごして来た為のシミ、
目の下あたりから頬にかけての謎の影(ゴルゴライン)、
縦に伸びている毛穴、この毛穴は肌を上に持ち上げると目立たない気がします。
重力に負けています。
肌に限らず、体形全体が重力に負けている可能性が高いです。

ファンデーションを塗って時間が経ってもきれいに滑らかに肌を保っていられた20代
オーバー40の肌はファンデーションを塗ってしばらくは良いのですが
夕方になるとファンデーションが毛穴にかくれんぼしてしまうように
毛穴に詰まってしまいます。
奮発して高級な化粧水を使っているときは
お肌の調子も良さそうですが、中々継続できません。

首元は老人性イボもたくさん出てきました。
一度、皮膚外科治療を受けイボを除去しましたが、
また増加してきています。

加齢の肌の悩みは尽きません。
長い戦いになりそうです。