お米も食べる和食ダイエット

現代は、糖質制限ダイエットが流行りダイエットには糖質は悪とされています。このまま一生糖質を食べずに生きていく?このまま味気ないごはんを食べて生きていく?と考えた時にダイエットとは何か見つめ直し食事改善をしました。

プレミアムスリムスキニーレギンスは市販で買える?販売店を徹底調査!

そもそも糖質は人間が生きていく上でのエネルギー源なのでなくてはならないものです。では、まず自分はどこから余計な糖質を摂取しているのか考えるとお菓子やジュースなどから摂取しているのがほとんどでした。この糖質をお米や野菜から摂取するようにするだけで健康体になっていき、味覚も変化し甘いお菓子が食べられなくなりました。

食事量も極端に減らすのではなく、たんぱく質、糖質、脂質とバランスよく取れる和食中心にし、よく噛む事を意識します。よく噛む事で満腹中枢が刺激され、腹八分目で食事を終わらせることができます。和食は煮る、和える、茹でるなどと油をあまり使用しない調理方法が多いため余分な脂質を抑えることができます。

どんな食材を取り入れたらいいか分からない方はまずは「まごわやさしい」を意識して取り入れてみてもいいです。「ま」は豆類で植物性のたんぱく質で、味噌や納豆などの発酵食品を積極的に取り入れてください。「ご」はごまやクルミなどの種子類で良質な油を摂取することができます。「わ」はわかめなどの海藻類で水溶性の食物繊維が多く便秘解消に効果的です。「や」は野菜類で色の濃い野菜を中心に食べる事をお勧めします。

「さ」は魚でたんぱく質が沢山あり植物性よりも動物性のたんぱく質の方が吸収率も高いので魚は積極的に食べてください。「し」は椎茸などのきのこ類で糖質代謝には欠かせないビタミンB1が豊富に含まれているため糖質を取りすぎた日には意識して食べてください。「い」は芋類で、疲労回復などにいいとされています。
お米も食べてバランスよく食事をする事でダイエットに成功しました。