癖っ毛と向き合いながら

第一印象で重要な要素のひとつになる髪の毛。
長さや色、前髪の分け方などでその人の個性が出るパーツでもあります。
私自身のことですが、小さいときは男の子顔負けのベリーショートでした。

ニューモ育毛剤

癖っ毛でしたが、長いとくるりんと出てくるような比較的緩いものだったので、短めにして手入れしやすいようにという親の考えだったようです。
伸ばすようになったのは、大人になってからです。それで改めて悩みとなったのが癖っ毛と量の多さです。
癖っ毛は、雨が降るとこれでもかというくらいにうねります、そして膨張します。ドライヤーやスタイリング剤を使ったところで何とかなるものではありませんでした。ハーフアップにしてもおろした髪がうねるので雨の日は1つに束ねるなどで凌ぐしかありません。

悩みを改善したく出会ったのが縮毛矯正でした。1度かければ半年近くうねうねの悩みから解放される、これほど嬉しいものはなかったです。
ただ、縮毛矯正のデメリットをひとつあげるなら値段。割引クーポンを使ったり、新規割引など駆使できるものを駆使してやっていました。
そして、現在は、ヘアアイロンを購入して、自宅でもケア出来るようにしています。

私の場合、癖っ毛はある程度伸ばせばその重さで落ち着くというのがわかってきました。なので、肩下まで伸ばして普段はオイル等のトリートメントでケアをしています。気分によってストレートアイロンを使ったり、敢えて癖っ毛を強調してみたハーフアップ等とアレンジを少しずつ楽しめるようになってきました。
自分の癖をよく知って受け入れる、そしてうまく付き合うようにしています。