遠距離恋愛から結婚まで

これは体験をもとに記載したものです。

さかのぼること約20年前ある女性と知り合いました。
そのきっかけは自分写真を親戚がその写真を彼女に見せたことから始まります。

20代の若い女性を恋人に!自衛隊にオススメの結婚相談所!

その彼女は当時横浜、自分は、山口県にいた。ある日彼女から会いたいと連絡を受け会うことに。ここから遠距離恋愛の始まりです。
自分は当時、会社員で会うと休みが2~3日必要でした。連絡があって1か月後、会うことに。その会うまでに毎日、2~3時間程度、電話の毎日。
お互い緊張と興奮で倉敷で待ち合わすことに当日を迎えた。

車中緊張しながら色々な事を話しました。一番記憶に残るのが将来の事で、お互い意気投合した為か話が弾んだ。そしてデートの別れの日とても寂しく感じたことを
いまでもよく思い出す。
そこから1~2か月のペースで会うことに。遠距離のせいか毎回会う度に彼女にひかれ、知り合って半年後にサプライズをした。

今回は四国の松山で会う事にし、サプライズ決行した。
その内容はデートの約10程前に旅館を予約しプレゼントを購入、そしてプロポーズを考えていた。ちなみにプレゼントは、よくあるお揃いの指輪です。
そして当日いよいよその時がきたのですが緊張のあまり、なかなか言えず、時間が経過。思い切ってプロポーズをす同時にプレゼントを渡した。
彼女の答えがとても怖かったが、結婚する事を約束してもらい今回のデートが終わった。

それから2~3日後、結婚する為に山口に来てもらうこちをお願いした。その答えはOKで1か月後、彼女が来てくれて、お互いの両親に挨拶。
その数日後に晴れて入籍しました。ちなみに式は、していません。
それが今の妻で20年経った今でも仲良く暮らしています。