考え方の変化で選ぶ物が変わりました。

兎に角食欲旺盛で、炭水化物が大好きでした。おやつはしっかりお腹に入っている感覚の物を好んで食べていました。痩せているとは程遠い体型をしていて、太ももがくっつく脚や何段にもなるお腹は恥ずかしくてオシャレをしたいのに遠のいていました。
学生が終り、栄養に関しての知識が入ってきた時に自分の食べている物の栄養についても考える様になりました。ただただお腹が膨れれば良いと言う考え方で摂取していた食事の仕方は栄養の事を何も考えていない事に気付きました。

快糖茶の口コミ評価と効果を暴露!どの通販サイトで購入するのが最安値?

又、貧困層ほど肥満が多いのも、中身よりも腹持ちを優先しているからだと知りました。意識が変わると行動が変わる様になり、炭水化物と微量のビタミン程度しか入っていない麺類・パン類・ご飯等を食べるのに無駄だと考えるようになりました。
そんな理由もあり、栄養学を学んで15年ほど経った今でもうどんは食べません。うどんを食べるならその上に乗せる為のたんぱく質のてんぷらを好んで摂取します。

ただ、お菓子や甘い物は自分の嗜好品と実感し、それを止める事は出来ていません。腹を満たす為に食べるのではなく、欲望を満足させるために摂取していると割り切り、今でも食事の後に食べるのをOKとしています。
考え方の変化で体型はすっかりスリムになり、細いねとよく言われる様になりました。勿論、足を出す事に抵抗は無いし、お腹もペッタンコになっています。