私のお肌の悩みについて

肌について悩みだしたのが、思春期の頃でニキビが出来始めました。
気になって触ってしまう事で悪化してしまう事にも気付かず、知識も無く潰し膿を出していました。その時は、ただ年齢的なものなのかな?と思っていましたが、1つ出来るとが次々と増え始め、皮膚の悩みが付きませんでした。

メリフバームクレンズの使い方と効用!

その頃は、Tゾーンがとてもテカり易く何度洗顔しても皮膚の状態が変わる事はなく諦めていました。

大人になってからですが、無料で肌診断して頂いた時に当時混合肌と言われ肌に気を遣うようになったものの、なかなかニキビがで出来にくいという事が難しかったです。

特に、女性特有の時期前後を迎えると、肌バランスがとても整わず毎回のようにニキビが出来ていて、気分がへこんでいました。これは、年齢を重ねた今でも悩みの種ですが、年齢を重ねるとより気になってきたのが”肌の乾燥”です。

よくお肌のまかり角と言われますが、その年齢時期を境に化粧水を多くつけても乾燥でカサついたりかゆみが出たり、ひどい時には湿疹の様なものが出来ていました。この頃から、保湿する量がとても多くなりました。手入れが大変で、全身塗るので面倒でサボってしまうと直ぐに乾燥してしまうので、肌がツヤツヤしててうるおい肌になって肌トラブルがないと、とても気分も上がります。