気持ちにフタをしないで

私がまだ高校二年生の時のお話です。
当時私には同じ学校に好きな男の子・A君がいました。同じ中学出身の子です。
でもその人とは高校で同じクラスになることはなく、話せる機会は滅多にありませんでした。

バツイチ子持ち男性は結婚相談所で再婚相手を見つけましょう!

私はただ、「あの人が好き」という思いを暗示のように胸に秘めていました。
A君と何の進展もないまま高校生活が進んで行くつれ、同じクラスの隣の席の男の子・B君と仲良くなりました。
穏やかさと気さくさを兼ね備えた優しい男の子で、話していてドキドキとした気持ちは芽生えませんでしたが、一緒にいて安心して素の自分を出せる存在でした。

基本的に男の子の前では身構えてしまう自分にとってB君は珍しい存在でした。
変な話で恐縮なのですが、私はB君と仲良くなるにつれ、「この人を好きになってもいいかな」と思い始めるようになってきました。まだ若かったので、好きな人は好きになると決めるものだと考えていたのです。笑
本当に優しい男の子でした。大きなゴミ袋を運んでいると後ろからひょいと持ち上げてくれるような、今考えるととんでもなくできた男の子です。笑

修学旅行の班も一緒になりました。班の中にはいつも仲良くしてくれるCちゃんもいました。
私は人見知りなのですが、Cちゃんがいてくれたおかげでクラスで一人はぐれることなく生活していくことが出来ていました。今でも感謝しています。

夜眠る前の時間、女子高生でお決まりの恋愛トークタイムが始まりました。
好きな人はいないの?そんな話になりました。私の頭にはA君のことはもとより、B君の存在が浮かんでいました。
Cちゃんが先に好きな人をカミングアウトしてくれました。B君でした。

私はその瞬間「あ、そうなんだ、ならいいか。私はA君が好きだから」と気持ちがスンとしたような、悩みが消えたような、けれど何かが違うような、妙な気持ちになりました。「他クラスのA君が好き」と私が言うと、Cちゃんは「よかった~」と胸を撫で下ろしました。私がB君と仲が良かったので、好きなのかもと不安だったようです。
私はその後もA君のことが好きだと、そういう思いで高校生活を過ごしました。

けれど、大人になった今、あの時の自分は正しかったのか、と後悔することがあります。
A君のことは確かに好きでした。

けれど、心のフタを開けば、B君への思いの方が実は大きかったのではないかと思います。
だから今もこうして、思い出したりしてみるのかなと。