私がニキビ改善を目指してやっていること

学生のころは、ニキビができると「そういうお年頃だね」とよく言われた。だから年頃を過ぎればニキビはおさまるものだと思っていた。しかし、そんなことはまったくなかった。大人になってもニキビはできる。しょっちゅうできる。皮膚科で相談したこともあるが、勧められた漢方薬がマズすぎて相談するのをやめた。

http://www.tche-kanam.org/

どうしたらニキビができなくなるのかは、いろいろ試してみた今でも分からない。でも改善のための努力はしている。たとえば、こまめに顔を洗うこと。朝、昼、晩と三回は洗うことがのぞましい。やはり清潔にしたほうがニキビはできにくいように思う。休日は化粧をせず、すっぴんでいるのも肌への負担が減っていい。それから、なるべく油っこいものを食べないこと。揚げ物は大好物なので我慢するのはつらいのだが、まったく食べないのではなく、月一など頻度を決めて食べると我慢できる。

あとは、よく眠ること。疲労を溜めず、しっかり寝ることは大事なことだ。できれば一日七時間以上は寝るようにしている。しっかり眠った日とそうでない日では、頭のすっきり具合もちがうし、体調も変わる。体調がよいことはニキビの抑制につながると感じる。自分のできることから少しずつやると続けやすい。お試しあれ。