親知らずの歯が口臭の原因。抜く決断をした私

私の歯は、虫歯になり易いので、奥にある親知らずの歯が磨けていないために少し虫歯になりかかっています。
歯科検診の際に「奥の親知らず虫歯になりかかっているので気を付けてください」と言われました。
私は、どの奥か分からずに歯ブラシで奥の親知らずの歯を確認しました。
そして、確認が終わって歯ブラシを抜くと、歯ブラシから少し匂いがしてきて「気持ち悪い」と思いました。
気のせいかな?とも思ったので気にせずにしていました。

http://ihostdz.com/

その後、歯科衛生士さんと一緒に歯の磨き方をしました。
まずは、糸式ようじで歯と歯の間のゴミを取り、口を濯ぎます。
次に歯間ブラシで歯と歯茎の間を掃除し口を濯ぎます。
次にタフトというポイントで磨きたい所を集中して磨く歯磨きで、その歯ブラシを使い1本ずつ磨いていきます。
特に奥の親知らずの歯を重点的に磨き、その後、普通の歯ブラシで全体を磨いて終わりです。約15分掛かります。

この歯磨きの仕方を帰って来てからお昼ご飯を食べて歯磨きをしました。
タフトブラシで虫歯になりかけている奥の親知らずの歯を磨いてタフトブラシを抜いてみると、ほんのり口臭がしました。
私は、「歯科で思った事はうそではないのか?本当の事なんだ」と思い。出血するまで磨いていました。
それでも、ブラシを抜くと口臭がしていました。

私は、「どうしたら口臭が良くなるのか?」を調べてみました。
臭ってしまう理由の中で気になったのは、「親知らずの歯がある事で臭ってしまう」でした。
詳しく調べてみると、親知らずの歯は虫歯や歯周病になりやすい歯なので、発酵して口臭が起きてしまうようです。
調べてみて、口臭の事が今まで以上に気になってきました。

なので、歯科の先生に口臭の事や出血の事など相談しました。
そして、親知らずの歯を抜く事にしました。
まだ、抜いていませんが近い内に抜く予定になっています。
それで、口臭の問題が少しでも減らせれば良いなと思っています。

それまでは、夜の歯磨きの時に歯磨きをしてから洗口液を使って口を清潔にしてフッ素コーティングジェルを使って虫歯にならないようにしています。