お肌に優しい生活をしていたはずなのに

在宅勤務になるまでは、お肌の手入れの時間が取れないまま、毎日、中途半端なスキンケアを繰り返しながらなんとかメイクをしていた私。
自宅での仕事にシフトチェンジするよう決まったときには、在宅での仕事の不安よりも、これでお肌のケアがきちんとできる上に、
厚化粧をしなくても良いので、コロナ後にはすっぴんでも外をあるける肌を目指そうと決意していました。

シロジャムの悪い口コミを徹底検証!効果なしで効かないという悪評は本当?

手抜きのケアをしなくても良くなり、睡眠時間をしっかり取って、朝、起きたらパックをして、簡単なメイクで仕事をしてという夢のような生活が始まったのもつかの間。
リモートワークも慣れてしまうと、いつの間にか、メイク、スキンケアの手抜きが止まらなくなり、マスクもしていないのにあごや口の周りに肌荒れが目立ち、
油っぽい肌になった気がします。
見た目を気にする必要がなくなったため、緊張感がなくなり、職場の一部の人としかオンラインでの対応が無くなったため、
スキンケアやメイクに力を入れる必要がなくなったのです。

パック、アイクリームは使わなくなって数か月経ち、使いかけのため品質が心配になっているくらいです。
先日、リモートで飲み会をしたところ、顔色が悪い、テカリがひどいということだけでなく、二重あごになってきていることが判明。
お肌に優しいどころか、手を抜きすぎることに慣れてしまったため、余計に肌が老けた気がします。
早速、お肌のケアに力を入れ、リモートで堂々とお肌を披露できるようになりたいです。