手触りは最高なのです

私の主人は付き合い始めの頃から薄毛に悩んでおりました。http://www.simonkirkfineart.com/

薄くなり始めた当初に、スプレータイプの頭皮に栄養を与える物を使っていたところ、止めたとたんに進行していったそうで、結婚してからも、飲み薬、塗り薬、頭皮マッサージ、色々試しましたが、これだ、という手応えは感じなかったようです。

遺伝にしろストレスなどにしろ、本人の意思に反して起こることはつらいものです。

私が薄毛に対して思っているのは、そのままで良い、ということ。

シャンプーは少なくて済むし、すぐに乾くし、短く清潔にしていればむしろカッコいいと思うのです。

薄毛であると汗がそのまま流れてしまい、べたっとしてしまうこともあるでしょう。

人によっては伸ばして巻いて隠していることもあるでしょう。

でも、女性が嫌なのは汚らしさや未練たらしさだと思うのです。

頭皮と思わずにただの皮膚と思えば、皮脂汚れに強いもので洗うだけや、紫外線が直接当たるのはあまり良くない事だというのは明白。

色々なシャンプーを試し、すっきりして気持ち良く、一日経過して頭が痒くならないものを選び、

頭皮のコンディションを整えるものは、化粧水感覚で使えるものをと色々試した結果、アロエをホワイトリカーに漬けたものに落ち着き、

問題がなければ日中は帽子を着用、隠すのではなく、室内に入ったら取り、気に入った帽子を探したりして楽しむようにする。

結果、ハゲ止まりました。

勿論、本人は今でも気にはしておりますが、結婚当初のような切羽詰まった雰囲気はなくなったように思います。

スーツを着る時に帽子が冠れないからとふりかけタイプのものを部分的にしようするところが玉に瑕ですが、それでも、薄毛の人特有の細いふわふわとした毛質は、しっかりとお手入れされて手触りは最高なのです